老化防止とコンドロイチン

老化防止としてコンドロイチンが注目されています。また、コンドロイチンは、関節の痛みを改善する効果や、動脈効果の予防などに期待されています。

 

コンドロイチンはムコ多糖類の一種で、軟骨や、結合組織、粘液に含まれています。

 

関節の潤滑油の働きでも知られるコンドロイチンは、眼球、動脈などにも多く含まれ、不足させないようにしなくてはならない物質なのですが、加齢とともに量が減り、体内で合成できる量も減ってしまいます。

 

そのため、加齢によりコンドロイチン不足になるため、関節の痛みなどが出てきてしまいますし、水分保持や弾力性を維持するコンドロイチンの不足は肌の弾力を失わせ、シワやハリ不足という肌の老化につながります。

 

コンドロイチン不足を補うためには、毎日の補給が大切です。
コンドロイチンは、色々な食品の中にも含まれています。

 

コンドロイチンは、ムコ多糖というネバネバ成分で、納豆、山芋、オクラ、ふかひれ、サメ軟骨、すじ肉、うなぎ、海草などに比較的多く含まれています。

 

関節痛の全てがコンドロイチン不足というわけではありませんので、コンドロイチンを含む食材を沢山食べれば痛みが治る、というわけではありませんが、加齢と共にどうしても生産能力が落ちて不足しがちになるものなので、積極的に食材で補うと良いでしょう。

 

コンドロイチンは、コラーゲンやヒアルロン酸と共に肌の潤いを保つものですから、上手に食材で補って、弾力のある肌を手にいれましょう。