老化防止とコラーゲン

老化防止といえばコラーゲン、というほど、老化防止成分として知られているコラーゲンですが、加齢とともに減少して、肌のハリや弾力を失わせてしまうことになります。

 

コラーゲンはスキンケアとして肌に塗ることも潤いのために必要ではありますが、体内のコラーゲン生成を促すことの方が、老化防止には大切です。

 

コラーゲンは皮膚に弾力を与えるだけでなく、骨や軟骨の強度にも影響しますし、不足することで白髪や薄毛、抜け毛の原因にもなります。

 

身体の様々な箇所で必要となるコラーゲンですが、加齢と共に作られにくくなり、皮膚の水分量が減ってシワができたり、関節が弱る、関節に痛みが起こるなど、コラーゲン不足は老化を招きます。

 

体内でコラーゲンを生成するためには、タンパク質とビタミンCをしっかりと摂ることが大切です。ストレスをためると、コラーゲン生成のために必要なビタミンCが消費されてしまうので、より多くのビタミンCが必要になります。

 

体内のコラーゲンを減らさないためには、睡眠をしっかりとることや、紫外線を浴びないことも大切です。

 

コラーゲンを多く含む食材は、鳥の手羽や、鶏皮、鶏止む豚の軟骨、レバー、牛すじ、豚足、ふかひれ、アワビ、ゼリーを作るためのゼラチンなどです。

 

コラーゲンは分解されて身体に吸収され、体内の各所で生成されるのですが、その際に、ビタミンCが必要となります。

 

コラーゲンだけ沢山摂っても、ビタミンCがなければ意味がなくなってしまうので、コラーゲン生成とコラーゲン保持のため、しっかりとビタミンCも摂るようにしましょう。