老化防止とポリフェノール

老化防止にはポリフェノールを積極的に摂りたいですね。ポリフェノールは抗酸化作用が高く、老化防止や、病気の予防、健康促進などの効果が期待されています。

 

ポリフェノールの数は5000種以上と言われ、非常に沢山の種類があり、主には野菜や果物に含まれる色素で、えぐ味や渋みがあります。

 

香辛料やカカオ、お茶にも多く含まれます。ポリフェノールは大量に身体に溜まると細胞を傷つけてしまう活性酸素から細胞を守る働きをします。

 

身体を若々しく保ち、老化を防止するポリフェノールを多く含む食材は、赤ワイン、緑茶、ウーロン茶、紅茶、珈琲、ココア、チョコレート、大豆製品、ゴマ、海草などがあげられます。

 

大豆のイソフラボン、ぶどうの皮のアントシアニン、タマネギのフラボノールなどもポリフェノールです。お茶のカテキンや、珈琲のクロロゲン酸、紅茶やウーロン茶のテアフラビンなど飲み物でポリフェノールを摂るのは手軽ですし、定期的に摂れるのでオススメです。

 

果物や野菜は何らかのポリフェノールを含んでいますので、老化防止サプリメントに頼る前に、色々な食材をまんべんなく摂るのが良いでしょう。

 

また、ポリフェノールは身体に貯めておけないものなので、一度に沢山摂るのではなく、小まめに補充することが大切なので、休憩時間にはお茶や珈琲を飲んだり、チョコレートをつまんだりすると良いでしょう。

 

アルコールはポリフェノールの溶解性を高め、腸での吸収を良くするため、食事の際の適度な飲酒は効果的です。