老化防止とビタミンE

老化防止としてビタミンEは効果的で、強い抗酸化作用があることから、若返りのビタミンや、抗酸化ビタミンとして話題になっています。

 

抗酸化物質は、活性酸素が過酸化脂質を作って細胞を傷つけるのを抑える働きが特徴です。

 

ビタミンEは、抗酸化物質として細胞を壊して老化を進めてしまう過酸化脂質をつくらせない他、血管を若々しく保ったり、血液中の悪玉コレステロールの発生を抑えたり、血の巡りをよくしたり、ホルモンバランスを改善したりという老化防止に欠かせない働きをしてくれます。

 

過酸化脂質は、シワやたるみ、シミ等をつくって老化を進めてしまう原因となる物質なので、抗酸化作用のあるビタミンEを摂って老化防止につとめましょう。

 

また、ターンオーバーで肌が新しく生まれかわる時にも、ビタミンEは必要となりますから、十分に補充しておきたいビタミンであると言えます。

 

ビタミンEを多く含む食材としては、魚卵、レバー、ゴマ、アボカド、アーモンドなどの木の実、緑黄色野菜、小麦胚芽、玄米などです。

 

ビタミンEは、やはり抗酸化作用の強いビタミンCと共に摂ると、より効力が増しますし、脂溶性のビタミンなので油と一緒に摂ることで吸収力が良くなります。

 

ただ、水溶性ではないため、摂りすぎると体内に蓄積してしまうので、サプリメントで補っている人は過剰摂取しないように注意したほうが良いでしょう。

 

ビタミンEはスキンケアにも配合され、脂質の酸化防止で肌を守り肌の老化防止に役立っています。