老化防止とヒアルロン酸

老化防止にはヒアルロン酸が話題にのぼることが多く、サプリメントで補っている人も多くいます。

 

ヒアルロン酸は保湿効果が高いので、保湿用の化粧品に入っていますが、ヒアルロン酸は分子が大きく、肌に浸透させるためには低分子のものである必要があります。

 

ヒアルロン酸の補給は、肌からよりも、身体の中から補給することが大切で、たっぷりとヒアルロン酸を体内に補給すれば、乾燥が気になる肌の真皮層にも届いて潤いのある肌を手にいれることができます。

 

ヒアルロン酸が減少すると、肌の弾力や潤いがなくなり、シワやたるみなどの原因となって肌の老化を進めてしまったり、関節痛を引き起こしたりするため、老化防止のためには積極的に補いたい成分です。

 

美容の世界ではヒアルロン酸の注射が、ほうれい線などの目的で行われることもありますが、副作用もあるようなので、できるだけ食品やサプリメントで補うほうが良いでしょう。

 

ヒアルロン酸は、コンドロイチンなどと同じぬるぬるとしたムコ多糖類の液体です。皮膚や軟骨、脳、目、関節液などに多く含まれていますが、加齢とともに減少してしまいます。

 

ヒアルロン酸の含まれる食材は比較的少なく、普段の食事に取り入れるのが難しい食材も多いため、サプリメントで補給している人が多いようです。

 

ヒアルロン酸を含む食材は、鶏皮、手羽先、鶏のとさか、軟骨、豚耳、豚足、ふかひれ、山芋などです。これらの食品は、コラーゲンコンドロイチンなども含んでいますので、老化防止として積極的に食べると良いでしょう。